2018年4月30日 シンポジウム「日本語教育は学習者コーパスで変わる ー横断コーパス・縦断コーパスのそれぞれの特徴―」開催!

2018年4月30日(月・祝)、国立国語研究所にて、シンポジウム「日本語教育は学習者コーパスで変わる ー横断コーパス・縦断コーパスのそれぞれの特徴―」を開催いたします。


どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。
参加申し込みは、下記URLからお願いいたします。

https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20180430-sympo/

 

――――シンポジウム概要―――――

「日本語教育は学習者コーパスで変わるー横断コーパス・縦断コーパスそれぞれの特徴―」

日程: 2018年4月30日 (月・祝) 13:00~16:40
場所: 国立国語研究所 講堂
URL:https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20180430-sympo/

【プログラム】
第一部 : I-JAS・B-JAS の紹介
基調講演
「中国語母語の日本語学習者の発話に見る語用論的転移」
迫田 久美子 (広島大学 特任教授,国立国語研究所 客員教授)

講演「B-JAS の特徴」
野山 広 (国立国語研究所 准教授)

第二部 : B-JAS を用いた研究の観点
発表① 「中国人学習者における尾高型アクセントの語の習得」
張 林 (北京師範大学 講師)

発表②
「語彙習得過程における誤用の変容」
費 暁東 (北京外国語大学北京日本学研究センター 講師)

発表③
「中国人日本語学習者のフィラー習得過程の実態」
石黒 圭 (国立国語研究所 教授),布施 悠子 (国立国語研究所 プロジェクト非常勤研究員)

全体ディスカッション
司会 : 野山 広
登壇者 : 石黒 圭,張 林,費 暁東,布施 悠子
コメンテーター : 迫田 久美子

【参加申込】
b-jas [at] ninjal.ac.jp (共同研究発表会事務局) までご連絡ください。
メールアドレスの「[at]」を「@」に置き換えてください。
メールの件名を「4月30日シンポジウム申込」として,次の情報を本文に記入してください。
氏名, E-mail, 所属 (学生の場合,博士,修士,学部生の別),
今後のイベント案内のメール送信 (可,否のいずれか)
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

2018年04月11日