2018年3月3日 シンポジウム「 日本語学習者はどのように文章を理解しているのか― 目の動きから見えてくるもの―」開催!

2018年3月3日(土)、国立国語研究所にて、シンポジウム「日本語学習者はどのように文章を理解しているのか―目の動きから見えてくるもの―」を開催いたします。

どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。
参加申し込みは、下記URLからお願いいたします。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20180303-sympo/

 

――――シンポジウム概要―――――

日程: 2018 年3 月3 日 (土) 10:00~15:00
場所: 国立国語研究所 講堂
URL:https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20180303-sympo/


【プログラム】
講演 「日本語学習者の読解過程の解明」 石黒 圭(国立国語研究所 教授)

発表① 「複雑な文の構造をどう理解するのか」 張 秀娟(中国華南農業大学 講師)

発表② 「日本語学習者は文脈指示をどう理解するのか」 田中 啓行(国立国語研究所 プロジェクト非常勤研究員)

講演 「読み時間と節境界について」 浅原 正幸(国立国語研究所 准教授)

発表③ 「日本語学習者はどのように接続詞を使って文章を理解するのか」 井伊 菜穂子(一橋大学 大学院生)

発表④ 「 中国語を母語とする日本語学習者のトピックレベルでの文章理解」 烏 日哲(国立国語研究所 プロジェクト非常勤研究員)

前半・後半ディスカッション コメンテーター: 鈴木 美加 (東京外国語大学大学院 教授)


【参加申込】
rpp@ninjal.ac.jp (シンポジウム受付担当)までご連絡ください。
メールの件名を「3 月3 日参加申込」として,氏名・所属(学生の場合、博士、修士、 学部生の別についてもご記入ください)、E-mail 、今後のイベント案内の可否を本文に記入してください。

2018年02月20日